天海祐希の宝塚時代の人気度&伝説!相手娘役の現在や人気沸騰で退団?

スポンサーリンク

天海祐希さんの宝塚時代の伝説や動画の人気度が気になる!と話題になっているようです。

当時の画像や、娘役を演じた方の現在は…?

今回は人気女優・天海祐希さんの宝塚時代の娘役の現在や動画&画像、宝塚時代に残した伝説や人気度などを詳しくまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

天海祐希 宝塚時代の伝説とは…

今やドラマや映画、舞台など様々なシーンで欠かせない人気女優となった天海祐希さん。

そんな天海祐希さんの宝塚時代の知られざる伝説の数々を、詳しくまとめようと思います。

一体どんな伝説を残しているのか…

気になりますよね!

天海祐希 宝塚時代の伝説①
宝塚音楽学校を主席で卒業

宝塚歌劇団に入団するためにはその前に

宝塚音楽学校を卒業しなければならないのは有名なことですよね!

この学校を卒業した者たちが「タカラジェンヌ」として宝塚歌劇団の団員として舞台に立てることとなります。

この学校が何とも特徴的なんです!

まず、受験資格は15歳~18歳の容姿端麗な女性であること

受験できるチャンスは一人4回までとなります。

唯一無二の学校なので毎年多くの受験者がいますが、入学できるのはほんの数十名に絞られます。

学後してからは、宝塚歌劇団の一員として舞台に立つことを想定したレッスンがあり、そして寮生活が義務付けられているため、寮に戻ってもまたレッスン。

更に礼儀作法なども徹底してしつけられるので、立派な人間になるための教育もされるようです。

そんな厳しい学校生活を乗り越えてようやくタカラジェンヌとなるわけですが、卒業する時の席次というのはステータスとしてずっと残るらしいのです。

天海祐希さんの音楽学校卒業時の席次というのが学年のトップ、首席だったということなのです!

音楽学校を首席で卒業することは想像以上に至難の業でしょう。

でも天海祐希さんは、入学当初から群を抜いて優秀だったのだそうです。

一人だけ抜きんでた存在でかなり目立っていたのだとか。

音楽学校の関係者が天海祐希さんの母親に対して

「よくぞ生んでくださいました」と言ったそうなんだとか…

そこまで言われる天海祐希さんですが、タカラジェンヌになってからも数々の伝説を残されています。

スポンサーリンク

天海祐希 宝塚時代の伝説②入団1年目で新人公演主役、7年目でトップスター

天海祐希さんは男役として宝塚に入団しますが、入団してすぐ伝説を残しています。

なんと、入団して1年で新人公演の主役をはたします。

新人公演とは、本公演と同じ内容を新人のみで1年目から7年目まで演じる公演のことです。

徐々に良い役を演じられるようになり、7年目までに一度主役をやれるようになる、というのが男役の基本的なルールなのですが…

天海祐希さんはそれを1年目で実現させてしまうといった異例の伝説の持ち主らしいんです。

普通、7年目までは新人を卒業する程度の段階ですが、それを超越して7年目にはもうトップスターになっていた天海祐希さん。

この成績を超える団員は現在でも男役では他に存在しないらしいですから、天海祐希さんの才能と努力を感じますね。

天海祐希 宝塚時代の伝説③退団も異例の早さ?!

トップスターとなるスピードが驚くべき早さだった天海祐希さんですが、なんと退団も早かったようなんです。

他にも退団が早い人はいるため、異例と言い切るのは難しいようですが、なんと天海祐希さんはトップ就任2年後に退団したようです。

一般的には5年くらい続けるらしいのですが…

これから先の将来を考えて普通より早く退団したのでしょうか?

色々理由はあると思いますが、トップスターになるのも人より早く、退団も普通より早いというのはやはり印象に残りますよね。

天海祐希 宝塚時代の伝説④サヨナラ公演のフィナーレで羽根を背負わない

宝塚といえば、大きな羽根を背負い、階段から降りてくる姿が印象的ですよね。

あまり宝塚に詳しくないという方でも、このシーンが思い浮かぶ方も多いとおもいます。

この背中に背負っている羽根はフィナーレでの姿であり、トップに近い人ほど羽根の大きさが大きくなるらしいですよ。

しかし、天海祐希さんは自身が大きな羽根を背負うのが嫌だったようで、トップになっても小さな羽根を背負っていたようなんです。

それが許されるのはやはり天海祐希さんだけなのではないでしょうか。

実力が伴っていて、周囲からの信頼もあったからこそ通った要望なのでしょう。

また、退団前最後の公演では、羽根を完全になくしてしまったんだとか!

本当に「伝説」ですね~。

スポンサーリンク

天海祐希 宝塚時代の伝説⑤サヨナラ公演のフィナーレで仲間達ばかり見る

天海祐希さんのフィナーレの伝説は他にもあります!

タカラジェンヌにとって行動基準は通常

・通例>ファン>仲間達>その他

というものなのですが、天海祐希さんは

・仲間達>ファン>通例>その他

という優先順位で行動をしたらしいのです!

そのため、フィナーレでは幕が下りるまで、客席に向かって手を振るところを一緒に練習してきた仲間たちを優先させ、その仲間達をよく見るという傾向にあったようです。

そうした仲間達への気配りが天海祐希さんの厚い人望に繋がっているのかもしれませんね。

天海祐希 宝塚時代の伝説⑥ファンにも媚びない!お説教していたこと

またまた天海祐希さんならではの有名な伝説があるようです。

宝塚では団員とファンでのお茶会が開催されているのですが、このときに天海祐希さんはファンの動きの悪さに注意をしたこともあるそうです。

ファンに注意をするなんて、ちょっと驚いてしまいますよね…

しかしこれにもきちんとした理由があり、全てのファンとゆっくり会話をする時間を確保するためだったみたいなんです。

段取りの悪いファンの代わりに天海祐希さん自らが仕切る、なんてこともあったらしいですよ。

ファンにも媚びない天海祐希さんは本当に徹底した考えを持っていますね。

他のファンのことも考えての行動なので、「媚びない=ファンを大切にしていない」というわけではないというのがこの伝説からうかがえます。

厳しい中にも優しさが垣間見える伝説ですね!

天海祐希 宝塚時代の伝説⑦退団時にファン全員にワイングラス贈呈

天海祐希さんの中には、最後まで貫き通した

「ファンは皆同じ、差別しない」という考えがあります。

さきほどのお茶会のエピソードでも天海さんのこうした姿勢は分かると思いますが、退団時にもこの考えに基づいた伝説があるらしいんですよ!

退団するときには、ファンクラブの融資でファンが喜ぶようなイベントを開催するルールがあるそうなのですが、天海祐希さんは派手なイベントは行わずにファンクラブの方々全員に同じワイングラスをプレゼントしたというのです。

ファンクラブ内でも、長年のメンバーと入りたてのメンバーとの間に格差のようなものがあるといわれているのですが、そういったことは気にせず全員に同じものをプレゼントするという伝説を残した天海祐希さん。

ファンたちは「天海さんらしい」と納得したことでしょう!

スポンサーリンク

天海祐希 宝塚時代の伝説⑧おかしいと思う「ルール」を変えたことも

宝塚に存在するルールや規則といったものでも、納得がいかないと思ったら新しい規則やルールを作り出してしまう天海祐希さん。

周囲からの信頼もあるからなのか、その独自のルールが通ってしまうのが驚きですよね。

男役は外を歩く際にピンで髪を止めるという規則があったようなのですが、ピンをたくさんつける必要はないのでは?と、ピン不要にルールを変更したことがあるんだそうです。

また、ファンの方たちに対して夜10時以降の出待ちを禁止というルールを作ったのも天海祐希さんなんです。

公演が終了してタカラジェンヌが帰る時間は夜10時過ぎですから、その時間に女性が外にいると危険であり騒ぐのは迷惑である、と客観的な判断でこのルールを促しました。

責任感あるトップスターならではの伝説ですね。

天海祐希の宝塚時代で娘役だったのは?現在は?

そんな天海祐希さんの宝塚時代の相手娘役は誰だったのでしょうか?

相手娘役は

・麻乃佳世さん

・森奈はるみさん

・白城あやかさん

だったそうです。

白城あやかさんは現在、タレントの中山秀征さんの奥さんとなっています。

そして麻乃佳世さんは1995年2月に天海祐希さんとともに退団しています。

現在の麻乃佳世さんの写真もあるようです。

綺麗で上品なイメージですね!

年齢を感じさせない清潔さが伝わっています。

森奈はるみさんは現在どうなっているのか分かりませんでしたが、やはり変わらず綺麗なのでしょうね。

天海祐希の宝塚時代の動画画像や人気度は?

宝塚退団時の天海祐希さんの動画があるのですが、やはり人気は並外れたものだったんだなと思います!

男役に相応しい凛々しさが感じられますね。

当時出迎えたファンが6千人をこえたといっていますが、退団時の挨拶を聞いていると天海祐希さんは本当に周囲を大切にしているから周囲から大切にされているんだなぁと思いました。

最後まで明るく爽やかに舞台を飾る、さすがトップスターですね!

スポンサーリンク

天海祐希の人気度高すぎて宝塚を退団?

天海祐希さんの退団理由が気になる方も多いと思いますが、諸説あり、はっきりとは判明していないようです。

確執が原因だ、とか色々な憶測が飛んでいるようですが、天海祐希さんのスター性がずば抜けていることから周囲が勿体ないと思っていたという説が濃厚なようです。

元々女優になりたかった天海さんは、男役を長年務めることによって癖がついてしまうのではと退団を早くしたということも考えられます。

退団後、宝塚時代のことに関してあまり語らないので確執では?と思われていたようですが、実際は女優になるために先を見据えて行動したのではないでしょうか。

天海祐希の宝塚退団~現在は?

1995年に「ミー・アンド・マイガール」の最終公演で宝塚歌劇団を退団した天海祐希さんですが、その後友人が当時所属していたフライングボックスという事務所に入り、芸能活動を開始します。

1996年には「橋の雨」という作品でドラマデビューを果たし、同年「クリスマス黙示録」で映画デビューもします。

「日本アカデミー賞第20回」では新人賞も獲得。

翌年1997年には「シングルス」で連続ドラマ初主演を果たしました。

その後も様々な映画やドラマ、CMなどで活躍し、今や人気作品に欠かせない存在となっています。

「BOSS」や「離婚弁護士」「女王の教室」などなど、天海祐希さんのサバサバしてキリッとしたキャラを活かした作品は、本当に面白く幅広い層から支持されていますよね。

★他にもこんな記事が読まれています

⇒天海祐希の彼氏歴代&彼氏遍歴が超大物!結婚しない本当の理由は何?の記事はこちら

⇒天海祐希 逮捕間近で本名が…脳こうそくの噂やあの人との不倫説は?の記事はこちら

⇒小桜ほのか怪我で休演!実家や性格、お茶飲み会での態度がヤバい?の記事はこちら

⇒美園さくら月組トップ娘役が数学オリンピック日本一って本当?母親はの記事はこちら

天海祐希プロフィール

引用 https://summary.fc2.com/summary.php?summary_cd=434172

名前:天海祐希(あまみゆうき)

1967年8月8日うまれ、現在51歳。

本名:中野祐里(なかの ゆり)で愛称は「ゆりちゃん」

身長:171cm

体重:49kg前後

東京都台東区東上野出身で、菊華高等学校に通っていたそうです。

天海祐希の宝塚時代の人気度&伝説!相手娘役の現在や人気沸騰で退団?まとめ

今回は天海祐希さんについての色々をまとめてみました。

いかがでしたか?

常識を覆す数々の伝説や意志の強さには驚きましたね。

これからも女優として第一線で活躍する天海祐希さんを応援していきましょう!

関連記事
スポンサーリンク