江口のりこ彼氏(俳優)は誰?親友の真木よう子が元彼氏と性格を暴露!

スポンサーリンク

女優・江口のりこさんに関する話題です。

彼氏が俳優だったといわれている江口のりこさんですが、どんな彼氏で一体誰なのでしょうか?

また、結婚の噂や親友のある発言も…?

江口のりこさんの彼氏はどんな俳優で結婚はありえるのか?親友の発言って一体何?というお話をします。


スポンサーリンク

江口のりこの元彼氏がぶん殴らないDV男?!

今回は江口のりこさんに関する話題をお届けします。

江口のりこさんといえば、あの人気女優・安藤サクラさんと似ていることで注目を集めていますよね。

また、数多くの人気作品や話題作品にも出演しています。

そんな江口のりこさん、実は彼氏が話題になっているそうです…

江口のりこさんの彼氏について色々な情報を探したのですが、どうやら話題になっているのは「元彼」のことなんだそうです。

この元彼、江口のりこさん曰く「嫌な奴」のようで、「ダウンタウンなう」内の人気コーナー「本音ではしご酒」で親友である真木よう子さんの口から、江口さんの元彼に関する恐るべきエピソードが語られていました。

元彼と江口のりこさんは過去に共演したことがあるようなのですが、デートをすることになったと思ったら

「俺が喜ぶような場所探しとけ!」

といわれてリス園へ行くことになったそうです。

しかし、リス園へのバスを確保するのに手こずり、元彼はイライラマックス…

更には

「なんでこんなところに連れてきた?」

「携帯電話を池に投げたら許したる!」

と言い出す元彼!

江口のりこさんが実際に携帯を池に投げたところ、元彼は急に機嫌がよくなったそうです…

番組内で坂上忍さんからは「ぶん殴らないDV」という発言があったようですが、まさにその通りですね…

現在は別れたそうですが、その彼氏は共演していたということは俳優、ですよね。

一体誰なのでしょうか?

江口のりこの元彼氏は誰?俳優の坂口憲二って本当?

「ぶん殴らないDV」とまでいわれた江口のりこさんの元彼ですが、過去に俳優として江口のりこさんと共演しているということが明らかになりました。

江口のりこさんの元彼は一体誰なのでしょうか?

デートをしていた場所は町田リス園ではないか?と特定されているようですが、再現で描かれたイラストでは、元彼はひげの生えたワイルドな男性だったそうです。

そこから、岡田准一さんか青木崇高さん?などといわれていて、中にはあの坂口憲二さんなのでは?と噂になっているようです。

確かに、ワイルドな俳優といえば坂口憲二さんが思い浮かびますよね。

今ところ、ハッキリと断定できるわけではないのですが、出演作品に関する情報からこれらの男性俳優が江口のりこさんの元彼候補として挙げられるようです。

ちなみにこの元彼は現在は更生しているようなのですが、別れるという選択をした江口のりこさんは正しかったと思います。

これから素敵な男性と出会って、幸せな交際を経て結婚といったハッピーな報告をいつか聞きたいですね。

親友の真木よう子が江口のりこの性格を暴露

さて、「本音ではしご酒」内で真木よう子さんが江口のりこさんの元彼情報をリークしたお話をしましたが、実は真木よう子さんは江口のりこさんの性格についても暴露していたそうですよ!

実は真木よう子さんと江口のりこさんは過去に「パッチギ!」で共演して以来大の仲良しだそうです。

サバサバしながらも細かいところに気を使える真木よう子さんと一緒にいると楽だという江口のりこさんですが、真木よう子さんによると江口さんは「TBSの安住紳一郎アナが大好き」なんだそうです。

TBSの人気バラエティ番組「ぴったんこカン☆カン」で沖縄にロケで行った際、安住アナと一緒にシーサーを作ったという真木よう子さん。

後日それを江口のりこさんに告げると「安住さんが作ったシーサーをとってこい」とのこと。

真木よう子さんが許可をとりにいくと安住アナは「いですよ」と快く許諾。

そのエピソードを聞きつけた笑福亭鶴瓶さんが安住アナを含めて食事会を提案したそうですが、江口のりこさんは「絶対しゃべれない…」とかなり緊張していたそうです。

これは本気の印ですね~。

真木よう子さんからの江口のりこさんに関する貴重なリーク、これからもどんなエピソードが聞けるか楽しみですね。

★他にもこんな記事が読まれています

江口のりこ&安藤サクラが似てる!双子並みにそっくりでAIも困惑?の記事はこちら

江口のりこ双子の姉画像!結婚は安住紳一郎が理想旦那で子供も欲しい?の記事はこちら

江口のりこ彼氏(俳優)は誰?親友の真木よう子が元彼氏と性格を暴露!まとめ

今回は江口のりこさんに関する話題でした。

いかがでしたか?

江口のりこさんの元彼は実際のところ誰なのでしょうか?気になりますね~。

今後も注目していきたいですね。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました.

関連記事
スポンサーリンク

引用 https://ja.wikipedia.org/wiki