オリンピック スポーツ フィギュアスケート 両親(父親・母親) 中学校 二世 学歴・偏差値 日本代表 芸能・エンタメ 芸能人の家族・家系 英才教育・習い事

鍵山優真の父親は病気で脳梗塞だった?フィギュア元日本代表って本当?

[ad#2]

今回はフィギュア鍵山優真さんの父親に関してお話しします☆

フィギュアスケーターの鍵山優真さんについて検索すると

「父親は病気なの?」「父親は脳梗塞だった?」

といった噂が出てきます。

鍵山優真さんの父親は本当に病気なのでしょうか?

また、脳梗塞を患っていたのは事実なのか…?

というわけで、フィギュア鍵山優真さんの父親の病気の有無について色々調べてみました☆

[ad#2]

[ad#3]

鍵山優真の父親は病気なの?

今回は鍵山優真さんに関する話題をお届けします☆

鍵山優真さんといえば、フィギュアスケート界の期待の新星ですね♪

彗星のごとくあらわれて輝かしい活躍を見せてくれた鍵山優真さん!

まだ若いので今後とても注目していきたいフィギュア選手です!

 

そんな鍵山優真さんですが、最近は父親に関して世間の関心が集まっているみたいですね☆

父親は鍵山正和さんというそうですが、一体どんな方なのでしょうか?!

あの鍵山優真さんを育て上げたということは、さぞかし立派なお父様なんでしょうね~^^

 

鍵山正和さんは、父親であるのと同時に鍵山優真さんのコーチもつとめているので優真さんと一緒にテレビに映る機会も多いのですが…

なにやらそんな父・鍵山正和さんにある噂が浮上しています!!

 

どうやら鍵山優真さんの父・正和さんには病気なんじゃないの?という噂がささやかれているみたいです><

これは本当なのでしょうか…?

実際、鍵山正和さんについて検索すると「父親 病気」といったキーワードが出てくるようです;;

 

鍵山優真さんの応援にも駆けつけていた正和さんですが、まさか病気をおしてまで…?!

と気になって色々調べた結果、鍵山優真さんの父・鍵山正和さんは身体の左側が麻痺していてそのときの映像がテレビに映っていたみたいです!!

この噂は本当だったんですね~@_@

そのため2018年は闘病生活だったそうです><

 

全日本選手権の際に鍵山優真さんが

「前回は病気でこれなかったが、今回は父が見守っている」

とコメントしていたことからも、1年間は闘病生活をしていたことが明らかになっています^^;;

 

鍵山優真さんもですが、父・正和さんも心細い時があったでしょうね…

現在調子が落ち着いたとはいえ、体調に波はあったでしょうし自分の思うように身体が動かずうずくまりたいときもあったはず…

そんな中でも息子の鍵山優真さんを応援するなんて、本当に素敵な親子の絆だと思います^^

鍵山優真の父親は脳梗塞の後遺症で杖を持っている?

さきほどお話ししたように、鍵山優真さんの父・正和さんは闘病生活を送っていたようなんですよね^^;;

お体が大変な中、優真さんの応援にもきていて感動的でしたが…

そもそも鍵山正和さんはどんな病気だったのでしょうか?

 

実はテレビでは、鍵山正和さっが杖のようなものを持って歩ている姿が目撃されています!

そこで、麻痺があって杖を持つということは、脳梗塞だったんじゃないの?!とTwitterなどで話題になっていたみたいですね…!

 

鍵山正和さんの病気について色々調べてみましたが、特に病名が明らかにされているようなことはないみたいです!

しかし、左側の麻痺が残っていることから脳梗塞の可能性は確かに高いといわれているみたいでした…!

他にも左足をひきづっている様子なんかも見受けられたみたいですから、脳に関する病気を患っていたんでしょうね~;;

杖を持っていたり麻痺・引きずりは後遺症と思われます。

 

正和さんがインタビューに答えたこともあったみたいですから、言語障害はなさそうですが…

心配になってしまいます;;

 

2020年現在もおそらくリハビリに取り組んでいると思いますし、息子・優真さんの活躍が励みになっているのかもしれません!!

鍵山優真さんにとって正和さんはコーチでもありますから、無理せず今後も2人3脚で歩んでいってほしいなと思います^^

[ad#2]

鍵山優真の父親は元フィギュアスケート選手の日本代表!

そんな鍵山優真さんの父・正和さんは実は元フィギュアスケート選手だったんだそうです♪

親子でフィギュアをやられていたなんて、すごいですよね~☆

 

しかも鍵山優真さんの父親・正和さんはその実績もかなりのものだというのだから驚きです@_@

なんと1992年、1994年オリンピック男子シングルフィギュアスケートでは日本代表になり、1991~1993年全日本選手権では3連覇を果たしています><

日本人初の4回転ジャンプを達成した選手なんだそうですよ!!

こんな歴史的な人物だったんですね~!!

オリンピックに出場した際には

・1992年アルベールビル五輪…13位

・1994年リレハンメル五輪…12位

という成績を残していたみたいです♪

この成績、ピンとこない方も多いかと思いますがこれは当時の日本でいうとトップの成績なんですよ~@_@

まさに快挙!

 

引退してからの鍵山正和さんは優真さんのコーチだけでなく横浜銀行のアイスアリーナ専属のインストラクターとしても活躍しています^^

昨今は闘病生活をしていたということですが、こんな素晴らしい経歴をお持ちだったんですね~!

 

私はフィギュアに関してすごく詳しいわけではないですが、父親など身近な存在が自身と同じ道を歩んでいるとなるとモチベーションも上がるし楽しく続けることができるだろうなと思います^^

鍵山優真さん自身も、これだけ輝かしい成績を持つ父・正和さんのことを心の底から尊敬しているのでしょうね♪

今後も良い師弟関係を築いていってほしいです☆

病気で指導はできなかったがメンタル面で成長

鍵山優真さんの父親・正和さんは闘病で優真さんを指導できない時期がありました。

今まで公私共に歩んできたからこそ、傍で見守れないのは正和さんとしてもとてもつらかったでしょうね…!

しかし、正和さんは自分が病気で指導できなかったにもかかわらず優真さんが精神的に成長して自立したとコメントしていました☆

これって本当に尊いことですよね!

親としては常に子供を間近で見守っていたいのが本音でしょうが、それに反して子供は成長していくので離れていても自分の力で前に進んでいけるもの☆

もしかしたら、鍵山優真さんもこのように自分の力で一歩踏み出すタイミングだったのかもしれません!

精神的に一回りも二回りも成長した優真さんの姿に正和さんの嬉しさもひとしおだったことでしょう^^

 

正和さんには今後も優真さんのことをしっかり見守っていてほしいなと思います♪

[ad#2]

父親の英才教育で開花!フィギュアの経歴は?

最後に、鍵山優真さんのフィギュアの経歴をご紹介します☆

鍵山優真さんがスケートを始めたのは5歳の頃♪

長野県に生まれた鍵山優真さんは地元・軽井沢中部小学校に通いながら、ほぼ毎日屋内アイスリンクで練習に励んでいたといいます!

本当にスケートが好きだったんですね^^

 

このときも指導してくれたのはもちろん父・正和さん!

なんと同時にジャズダンスも習っていたというのです@_@

驚くべき英才教育!

ジャズダンスって超かっこいいですよね~☆

 

小学校ではずっとスケートを続けましたが、なかなか結果が出なかったそうです^^;

その後横浜市立六角橋中学校に進学するも2016年11月の全日本ジュニア選手権では総合11位、2017年の11月同大会では総合12位という成績…!

あまり好転しなかったんですね~。

 

それでもめげなかった鍵山優真さんは2018年2月に長野で行われた第38回全国中学校スケート大会でショート・フリーともに3位、2位という好成績を収めました☆

めちゃくちゃ成長したんですね!!

 

2019年に行われた同大会でもなんと総合2位!

2018年にはアジアフィギュア杯で優勝もしていますから、この数年間で一気に成長したことが見受けられます^^

 

他にも

・ジュニアグランプリシリーズ

・全日本フィギュアスケート選手権

・全日本ジュニア選手権

も経験し、2019年12月には全日本選手権の3位と素晴らしい成績を残していたようです♪

2020年のローザンヌユースオリンピックでは金メダルも獲得していますし…

今後目が離せない選手であることは間違いないですね^^

 

鍵山優真さんの今後に期待しましょう!

鍵山優真の父親は病気で脳梗塞だった?フィギュア元日本代表って本当?まとめ

今回は鍵山優真さんとその父親に関する話題でした!

いかがだったでしょうか?!

鍵山優真さんのお父さんって病気を患っていたことがあったんですね…!

現在は後遺症が残っているようですが優真さんのことを今後も一番近くで見守っていくことでしょう^^

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

[ad#1]

[ad#3]

引用 https://www.instagram.com/ruriko_kojima/?hl=ja

コメント

タイトルとURLをコピーしました