GACKTの収入源があやしい?豪遊生活で自宅が超豪邸だけど年収は?

スポンサーリンク

GACKT(ガクト)さんの収入源があやしいの?

現在の年収や自宅はどんな風か気になりませんか?!

今回はGACKT(ガクト)さんにまつわるお話をお届けします。

収入源があやしいという噂の真相や、現在の年収や自宅のエピソードなどGACKT(ガクト)さんの気になる話題をご紹介していきます。

スポンサーリンク

[ad#3]

GACKT(ガクト)の現在はマレーシアで豪遊生活!

今回はGACKT(ガクト)さんに関する話題をお届けします^^

ガクトさんといえば、最近ではやっぱり「お正月の芸能人格付けチェック」の印象ですよね♪

ミュージシャンとしても様々な名曲を世に送り出しているGACKTさん…

その端正なルックスや繰り出される甘い言葉にメロメロになっている女性は多いと思います☆

実際、ガクトさんってめちゃくちゃカッコいいですもんね…

いくつになっても老けないですし、ストイックに身体作りもしています。

そんなGACKT(ガクト)さんですが、現在はどのような暮らしをしているのか知りたいですよね♪

最近はプライベートをテレビに公開することも増えてきたGACKTさんですが、実はマレーシアに住居を構えているらしいですよ@_@

海外にお家があるんですね…

すごいです!

GACKTさんの私生活ってさぞ豪華なんでしょうね~!

なんとGACKTさんは一年の約6割をマレーシアのクアラルンプールで過ごしているというのです!

次の見出しから、GACKTさんのマレーシアの自宅についてチェックしていきましょう♪

クアラルンプールの自宅の広さが尋常じゃない!

まずはGACKTさんのマレーシア・クアラルンプールの自宅の基本的な情報についてです^^

なんとGACKTさんがマレーシアで生活し始めたのはもう10年前のことなんですよ!

そんな昔から海外にいたんですね…

ガクトさんは当時仕事に没頭していて思い出が無かったため、世界各国を渡り歩いたといいます。

そこでマレーシアに一目惚れ!

クアラルンプール中心部から約30分の距離にあるGACKTさんの自宅は、ものすごく広いんですよ><

まるで美術館のような家は、周囲を自然に囲まれています♪

その周りの森のような庭を含めて広さはなんと…

1,700㎡あるらしいですよ!約500坪というところでしょうか!?


すごすぎますよね…

マレーシアの物価は日本よりだいぶ安いみたいですが、それでも自宅を購入するのには10億円近くかかっているといわれています@_@

GACKTさんでなければできない偉業ですよね…!

スポンサーリンク

[ad#3]

家具もオシャレで家の中に滝?!

GACKTさんのマレーシア・クアラルンプールの自宅についてのお話をしていますが、なんとガクトさんの自宅にはリビングがないそうです><

そのため開放感はかなりのもの!

ガクトさんの自宅の画像をネットで見ていて、気になってしまったのが家の中に滝があること^^;


なんで滝が?!と思ったら加湿器の代わりみたいですね☆

う~ん、規模が違い過ぎる笑

ホテルのロビーを彷彿とさせる室内は薄暗くて大人な雰囲気です♪

これだけリッチな生活をしているGACKTさん、やっぱり気になるのが収入源じゃないですか?!

ミュージシャンとして地位を確立しているものの、現在はそこまで大ブレイクしているわけではないですよね?!

根強いファンはいるかと思いますが…

一体ガクトさんはどのようにして収入を得ているのでしょうか?!^^

GACKT(ガクト)の収入源が怪しい…?

さきほど、GACKTさんの収入源はどこなの?!とちょっとお話ししました。

このあと詳しくお知らせしていきますが、実はガクトさんの収入源は「あやしい」といわれているんです^^;

一体何があったのか…?

ガクトさんの収入源が「あやしい」といわれる理由について調べてみたところ、どうやらアムウェイの商品の広告塔になったことがあるらしいんですよね^^;

アムウェイとはねずみ講の一種です。

このことで色々と言われていますが…

結局は個人の価値観かなぁと思います^^;

強制したりっていうのはちょっと危険かと思いますが、人それぞれの捉え方次第・考え方次第ですね!

でも私はガクトさんがアムウェイの商品の広告塔になっていたことを今回初めて知りました!

知らないところで色々あるんですね~笑

収入源①音楽活動の印税

さきほどはガクトさんの収入源があやしい…といわれている所以をお話ししましたね^^

ここからは、ガクトさんの収入源についてきちんとした情報をお届けします☆

まず一番最初に挙げられるのは音楽活動の印税収入です☆

全盛期に比べると楽曲発表こそ少ないですが、作詞作曲も手掛けているため毎年著作権による印税が入っているようです♪

CDの購入だけでなくカラオケで選曲しても収入に繋がりますので、バカにできないですよね@_@

しかもガクトさんは現在でも1年に1曲は新曲を出しているらしいですよ^^

ちなみにガクトさんの印税収入は200~300万円ほど入っているといわれています!

スポンサーリンク

[ad#3]

収入源②LIVE・コンサートでの収入

続いて収入源として挙げられるのはライブやコンサートでの収入です♪

ガクトさん、実は毎年ライブをしているんですよ☆

大物ミュージシャンのライブは1席5千円~1万円ほどといわれていますが、ガクトさんに至っては前の方の特別席はなんと1席3万円ほどするものもあるというのです!!

しかもこの席、結構な席数が用意されているんですよね^^

これだけで収入は数千万円になるそうですが、グッズ販売などライブ全体を通せば億単位の収入になるらしいです^^;

恐ろしいですね…

ガクトさんがかなりのやり手であることがよく分かります☆

収入源③ニコニコ動画の配信

更にガクトさんはニコニコ動画の配信もしているといいます♪

ニコニコ動画には無料のチャンネルもあるものの、月額864円の有料チャンネルもあるようです☆

ガクトさんはこの有料チャンネルを開設していて、登録会員数に応じて開設者が会員料の一部をもらえるという仕組みになっています♪

ガクトさんがこのニコニコ動画配信で月額いくらの収入を得ているかを記載しているサイトがあったので参考にしたのですが…

なんと25,232,000円といわれています!

つまり年間3億円前後と言うことになりますね^^;

やっぱりガクトさんは規格外のお金持ちです!

収入源④テレビやCM出演料

更にガクトさんはCMや音楽番組、バラエティ番組など様々なテレビ番組に出演しています♪

お正月の芸能人格付けチェックなんかには毎年出演していますが、この番組も視聴率もかなりのものだといいます!


しかし、番組が単発であるため他の活動と比べたら副収入程度にしかならないといわれています^^;

これには知名度をあげることが第一ですよね♪

ただガクトさんが以前出演していたお菓子メーカーのCMのギャラは2000万円といわれていたらしいのでてん

3,000万程度はいっているんじゃないでしょうか?!

スポンサーリンク

[ad#3]

収入源⑤FCの会費での収入

なんとガクトさんはファンクラブ会費での収入もあるみたいです☆

このファンクラブは入会金が1000円で、年間の会費が6000円だそうです^^

具体的な会員数こそ不明ですが、以前ファンクラブでちょっとしたハプニンがあった際に会員数は数万人とされていました!

ガクトさんはニコニコ動画のチャンネル会員数が38,000人らしいのでその人数をファンクラブ会員数として計算すると…

年間2億円以上の収入があるということになります><

ガクトさんのファンクラブとなると実際かなりの会員数がいそうですね!

GACKT(ガクト)の新たな収入源!マレーシアで起業?!

ガクトさんは芸能活動以外にも新たな収入源があるといわれています!

この10年間で新たに組み上げた事業はたくさんあるらしいですよ☆

調べていくと、ガクトさんは実業家の池田愉さんと共同で

「GACKT & IKEDA ASIA BRIDGE PARTNERz INC.」

という会社を設立してマレーシアで事業を展開しているみたいです♪

他にも別の会社でまつ毛エクステサロンなんかも立ち上げているらしいので事業収入はかなりのものと思われます…!

税金を支払っても収入は億規模なんじゃないでしょうか?!

GACKT(ガクト)の怪しいと噂の収入源は…仮想通貨?

最後にガクトさんの収入源があやしいといわれている理由に、仮想通貨があげられるみたいです^^;

この仮想通貨はGACKTコインともいわれていて、「SPINDLE」という名前なんだとか!

ガクトさんは自身のブログやTwitterでスピンドルについて色々語っていたらしく、各所から批判が相次いだようです^^;

また、スピンドルが上場後暴落したことがありその際にガクトさんがスピンドルを売り抜けて莫大な利益を得たといわれていて…

こんなことから胡散臭い・あやしいと噂されているようですね;;

真相は闇の中なので、人それぞれの捉え方かな~と思います><

GACKTの収入源があやしい?豪遊生活で自宅が超豪邸だけど年収は?まとめ

今回はGACKTさんの収入に関する話題でした!

いかがでしたか?

色々いわれていますが、ガクトさんはやっぱりやり手で賢い方だなという印象ですね^^

今後もどんどん稼いでリッチな生活をしてほしいです♪

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました☆

関連記事
スポンサーリンク

[ad#3]

引用 https://twitter.com