彩青(りゅうせい)の高校・出身地や身長は?銀次郎で歌手デビュー!

スポンサーリンク

歌手彩青(りゅうせい)さんの高校はどこ?

銀次郎旅がらすでデビューしたけど、どんな人なの?

今回は演歌歌手彩青(りゅうせい)さんに関する話題です。

どこの高校に通っているのか、また銀次郎旅がらすのエピソードなど、歌手彩青(りゅうせい)さんの話題をお届けします。

スポンサーリンク

彩青(りゅうせい)ってどんな人?民謡の申し子?

今回お届けするのは彩青(りゅうせい)さんに関する話題です。

最近話題を呼んでいる彩青さんですが、一体どんな人なのでしょうか?

気になって彩青さんのプロフィールを調べてみると…

平成14年8月29日うまれだそうです。

また、民謡三橋流で三橋彩青(みはしりゅうせい)という名前で活動していることが分かりました。

5歳から民謡を始めて数々の賞を受賞しています。

7歳からは津軽三味線も始め、11歳から演歌を学ぶために細川たかしさんに師事するようになりました。

そのころから尺八も本格的に演奏するようになったみたいですね。

細川たかしさんの「北岳」全国カラオケ決勝大会ではグランプリ細川たかし賞を受賞していることも明らかになりました。

細川たかしさんも嬉しかったでしょうね!

彩青さんはまさに民謡の申し子といたところでしょうか。

彩青さんはとにかく歌が大好きらしく、歌手になって自身の唄で世界中の人を元気にしたいと思っていたといいます。

インタビューでは自身の特徴や強みをきかれて「歌!尺八!津軽三味線!三刀流歌手というところです!!!」とコメントしています。

たしかにこれだけなんでもこなせる歌手ってなかなかいないですよね…

わたしは民謡のことは詳しくないのですが彩青さんの音楽に対する姿勢や受賞した経歴などをみているとものすごく本気で真面目に自身の好きな音楽と向き合っているんだなということが伝わってきます。

第二の細川たかしさんになれるようどんどん活躍して自信をつけてほしいですよね!

彩青が「銀次郎旅がらす」で歌手デビュー!

彩青さんは2019年6月26日に発売された「銀次郎旅がらす」という曲で満を持してデビューしています。

この楽曲は高田ひろおさん作詞、四万章人さん作曲、伊戸のりおさん編曲による作品です。

この「銀次郎旅がらす」の聴きどころを尋ねられた彩青さんは「とても明るく、元気な股旅演歌で、自分が尺八を吹きながら歌うという新スタイルとなっています」と語っています。

演歌や民謡に馴染みのない人でも、この曲を聴いて印象が変わるのではないでしょうか?

彩青さんにとってもきっと思い入れの深いデビュー曲でしょうから、これから話題にのぼるのが楽しみですね!

彩青(りゅうせい)の高校はどこ?

続いて彩青さんの通っている高校についてです。

平成14年うまれということで年齢的に高校に通っていると思われる彩青さんですが一体どこに通っているのか…

Twitterによると、2018年12月まで通っていた高校の文化祭で応援してくれた!とのつぶやきがあったそうです。

デビュー時に芸道に専念するといったコメントがあったため現在高校には通っていないのかもしれませんね。

2018年12月までは北海道岩見沢市の高校に通っていたみたいですね。

このへんも今後本人の口から語られるのを待ちましょう。

彩青(りゅうせい)の本名や身長は何cm?

最後にお届けするのは彩青さんの本名や身長に関するエピソードです。

彩青(りゅうせい)って本名なのかな…?という点が気になる方も多いと思いますので彩青さんのプロフィールを詳しく調べたところ

本名は「横田彩青」さんというそうです。

彩青は本名だったんですね!

そして身長は166cm。

まだ高校生ですからこれからもっと大きくなるかも?!

ちなみにプロフィールの好きな食べ物には「和食(すし そば)」と書いてありました。

なんだか渋いですよね…

高校生っていったらもっと子供っぽい味覚をもっていそうなのですが、そういったところも人気の秘訣かな?なんて思いました。

ちなみに「彩青」さんの名前の由来は2002年の日韓w杯で活躍した日本代表のサムライブルーから、世界を舞台に羽ばたいてほしいという願いを込めて父親がつけたみたいです。

かっこいいですね!

彩青(りゅうせい)の高校・出身地や身長は?銀次郎で歌手デビュー!まとめ

今回は彩青さんに関する話題でした。

いかがでしたか?

これからの活躍が期待される彩青さんですが、まだまだ若いんですね。

今後も自身の選んだ道を信じてまっすぐ突き進んでほしいです。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーリンク

引用 https://www.instagram.com