綾瀬はるかドラマ作品NHK貢献率が高い?紅白司会へ抜擢の裏事情とは?

スポンサーリンク

綾瀬はるかさんのドラマ出演作品やnhk貢献率が高いのは本当?

紅白司会の裏事情も気になります。

今回は綾瀬はるかさんについて色々と詳しくリサーチしてみました。

nhk出演ドラマ作品や紅白司会の裏事情の真相など、綾瀬はるかさんにまつわる旬な話題を、お届けしようと思います。

スポンサーリンク


綾瀬はるかはドラマ作品でNHKへの貢献度が高い?

今回は綾瀬はるかさんに関する話題です。

綾瀬はるかさんといえば、日本を代表する国民的女優ですよね。

様々なテレビや映画でそのふんわりとした雰囲気とクオリティの高い演技力で老若男女問わず魅了しています。

CMもたくさん出ていますよね~。

綾瀬はるかさんは数多くのドラマに出演していますが、その中でもNHKへの貢献度が高いといわれています。

たしかに綾瀬はるかさんってNHKで見かけることが多い気もしますね。

というわけで、ここでは綾瀬はるかさんが出演した作品を軽く確認してみましょう。

 

綾瀬はるかさんの出演作品をリサーチすると

20021123日放送 「文化庁芸術祭参加作品 風の盆から」

2013年 「大河ドラマ 八重の桜」

2016年~2018年 「放送90年 大河ファンタジー 『精霊の守り人』」

2019年 「大河ドラマ いだてん~東京オリンピック噺~」

とNHKでは4つの作品に出演していることが分かりました。

たしかにNHKへの貢献度が高いですね!

 

しかもNHKでの出演作品、有名なものばかりですね。

どの作品も多くの人に受け入れられているものです。

さっそく、次の見出しから綾瀬はるかさんの出演した作品について詳しくみていきましょう。

 

綾瀬はるかNHKドラマ作品「風の盆から」

さきほど、綾瀬はるかさんの出演作品はNHK貢献度が高いというお話をしました。

たくさんの人気作品に出演している綾瀬はるかさん、ファンからも好感度が高いですからNHKにとってもきっと印象のいい女優さんなのでしょうね。

まずは、ここで綾瀬はるかさんが出演した20021019日放送のNHK作品「風の盆から」についてご紹介します。

 

この「風の盆から」は富山県八尾の「おわら風の盆」を舞台にした生者と死者の交流を描いた作品となっています。

なかなか幻想的ですよね。

 

綾瀬はるかさんは「風の盆から」では松本幸四郎さん演じる五十嵐肇と倍賞美津子さん演じる杉村千鶴子の間にできた娘・亜季を演じています。

五十嵐肇は失明の危険を診断されているのですが、杉村千鶴子は肇の昔の恋人で肇が失明する前におわらを見にきてほしいと思っていたのです。

肇は千鶴子のいうように、八尾にやってきますが亜季だと思っていた娘は実は友人の成瀬美由紀(大村彩子)でした。

なんと綾瀬はるかさんの演じる亜季は半年前に肇の酷評に傷ついて自殺していたのです…なんとも切ない話ですね。

 

この幻想的て不思議な物語、話題になったのでご存知の方も多いと思います。

またおわら風の盆の伝統的な芸術面にも触れられる作品ですので、人気は高いようです。

 

17年前の綾瀬はるかさんさんの初々しい演技もとても素敵です。

スポンサーリンク


綾瀬はるかNHK大河ドラマ作品「八重の桜」

さきほど綾瀬はるかさんが出演したNHK作品「風の盆から」についてお話ししました。

続いて綾瀬はるかさんが出演したNHK作品は「八重の桜」です。

この作品は大河ドラマで、2013年に放送されました。

「八重の桜」で綾瀬はるかさんは母親の願いをよそに男勝りに育ったまさにハンサムウーマンの山本八重を演じています。

会津の頑固女で、男尊女卑の世の中をリードする頼もしい存在である山本八重を熱演した綾瀬はるかさん、普段の柔らかい雰囲気からは想像できない逞しい女性を演じたことで話題になりました。

 

会津武士道の魂を守り抜いて生涯をかけて自信の可能性に挑み続ける八重の姿に全国民が感動したと思います。

この作品には綾瀬はるかさんの他に西島秀俊さん、長谷川博己さん、松重豊さん、長谷川京子さんなど有名女優・俳優がたくさん出演しているんです。

「八重の桜」は大河ドラマ52作品目ということですが、この52作品目というのは大河ドラマの歴史を感じさせる数字ですよね。

音楽はあの坂本龍一さんだというのですから名作であることは間違いないでしょう。

八重とその仲間達の愛と希望の物語、気になる方は今からでもチェックしてみてくださいね。

 

綾瀬はるかNHKドラマ作品「精霊の守り人」

綾瀬はるかさんのNHK出演3作品目は「精霊の守り人」です。

この作品で綾瀬はるかさんはは女用心棒のバルサを演じています。

新ヨゴ国の王子チャグムが川に転落いたところへバルサが通りがかり、命を救うところから物語は始まります。

宮殿に連れていかれたバルサは、「王子を連れて逃げてほしい」という願いを妃に頼まれます。

どうやら王子チャグムには精霊の卵が宿っているのですが、その精霊が悪しき魔物であるがために帝から命を狙われているというのです。

バルサは一体どのようにして王子の命を守っていくのか…?

 

この「精霊の守り人」は作家・上橋菜穂子によるファンタジー小説が原作となっています。

シリーズは全10巻で、なんと累計370万部突破の人気作品です。

 

綾瀬はるかさんはこの作品の話を聞いたときに、アクションがあるということから「やってみたいな」とすぐに思ったそうです。

好奇心旺盛ですね。

また、「八重の桜」のあと大河ドラマをまたやりたいなと思ったのだとか。

そして主人公バルサを演じるにあたって、とても強く優しい女性だと感じたといいます。

綾瀬はるかさんにとっても思い入れの深い作品だったのかもしれませんね。

 

綾瀬はるかNHK大河ドラマ作品「いだてん」

綾瀬はるかさんが出演したNHK作品最新作は「いだてん」です。

こちらも2019年のNHK大河ドラマとなっています。

中村勘九郎さん演じる金栗四三は、「日本で初めてオリンピックに参加した男」であり、阿部サダヲさん演じる田畑政治は「日本にオリンピックを呼んだ男」としてダブル主演で物語が進んでいきます。

 

ドラマではそれぞれの二人の主人公の物語をリレー形式で繋いでいるようです。

また、この作品ではビートたけしさんが落語家・古今亭志ん生を演じたことでも注目が集まっています。

いだてんのオリジナル脚本を書いているのはあの連続テレビ小説「あまちゃん」を手掛けた宮藤官九郎さん。

宮藤官九郎さんの作品って独特だけど人間味があって面白いですよね。

音楽担当は大友良英さんと、制作陣もとても豪華。

豪華キャストとスタッフにより、時代が移り変わるようすを巧妙に描いた作品となっています。

スポンサーリンク


綾瀬はるかがNHK紅白の司会者に!3度目4年ぶりの抜擢!

綾瀬はるかさんといえば、NHK紅白の司会に選ばれたことでも話題になっていますね。

紅白といえば、大みそかの代表格ですよね!

天然キャラで知られている綾瀬はるかさんは以前リハーサルでマイクを忘れて登場したり、最終審査の集計ボールを暴投してしまったりと色々と強烈な面白エピソードを持っていますが…

それでも数多くのNHK作品に出演して貢献している綾瀬はるかさん、今回は3度目4年ぶりの抜擢ということでその活躍に期待が高まっています。

いよいよ紅白まであと1カ月と少し、楽しみですよね。

 

綾瀬はるか NHK紅白へ抜擢の裏事情とは?

天然キャラでそのキャラ故の様々なエピソードを持ってる綾瀬はるかさんですが、それだけ抜けている性格なのになぜNHK紅白司会へ抜擢されたのでしょうか??

この事情を調べてみると、有村架純さんが以前司会をしたときにあまりにもひどかったからだというエピソードが出てきました。

たしかに、あのときの有村架純さんはあまり芳しいものではなかったような気がします…

そして綾瀬はるかさんはボールを暴投してしまったものの、震災復興支援ソングを歌いながら涙ぐむ姿もみせています。

そういったギャップに共演者だけではなくスタッフたちも魅力を感じているとのことでした。

 

更に所属事務所のホリプロは綾瀬はるかさんを人気女優としてだけでなく国民的大女優に育てていきたいと思っているようです。

そのためにはヒット作のみでなく社会貢献番組への出演も必要になってきます。

昨今の綾瀬はるかさんがNHK復興番組に出続けているのはそのためでしょう。

 

今後の綾瀬はるかさんの成長っぷりに期待ですね!

  

綾瀬はるかドラマ作品NHK貢献率が高い?紅白司会へ抜擢の裏事情とは?まとめ

今回は綾瀬はるかさんに関する話題でした。

いかがでしたか?

綾瀬はるかさんって天然という印象ですが案外カッコイイ役柄を演じているんですね。

紅白の司会もそうですが、NHKの復興番組への出演も応援し続けたいですね。

綾瀬はるかさんのこれからに期待です!

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーリンク

引用 https://www.instagram.com