井岡一翔と父親の確執は脱税が理由?現在タトゥーが原因で海外路線か

スポンサーリンク

井岡一翔さんの父親・母親・弟・叔父はどんな人なのでしょうか?

また、父親との確執って?脱税疑惑も気になります。

今回は井岡一翔さんの父親・母親・弟・叔父といった家族の話題です。

また、井岡一翔さんの父親との間の確執や脱税疑惑といった噂の真相にも迫ろうと思います。

スポンサーリンク

井岡一翔の家族構成!

今回は井岡一翔さんに関する話題です。

井岡一翔さんといえば、プロボクサーとして活躍していて最近では谷村奈南さんとのスピード離婚や元モデル女性であるYさんとの結婚も話題になっていますよね。

まだ若いのにその圧倒的な存在感と技術でファンも多いと思います。

 

今回は、そんな井岡一翔さんのお話をしますが、井岡一翔さんってどんな環境で育ったのでしょうか?

家族構成が気になりますね。

というわけで、ここでは井岡一翔さんの家族構成をお届けしようと思います。

 

井岡一翔さんの家族構成について調べると…

・父親

・母親

・弟×2

という情報が出てきました。

弟さんがいらっしゃるのですね~。

弟さんは、井岡一翔さんに似ているのでしょうか?

気になるところです。

 

こうして家族構成をみると、男性ばかりなのでどうしても空気が乱暴になりがちだと思います。

お母さんも苦労したでしょう。

しかし、井岡一翔さんが結婚したことで、お母さんにはお嫁さんという話し相手ができて安心したのではないでしょうか?

 

 

それでは、そんな井岡一翔さんの父親・母親は一体どんな人なのでしょうか?

井岡一翔の父親と母親はどんな人?

さきほど、井岡一翔さんの家族構成についてお話ししました。

とても男性が多い家系でしたね!

そんな井岡一翔さんですが、父親・母親は一体どんな人なのでしょう?

これだけボクシングに打ち込む井岡一翔さんを育てたご両親ということで、さぞ理解のあるご両親なんだろうな~とか色々想像しちゃいますよね。

ここでは、井岡一翔さんの父親・母親がどんな人かという話題をご紹介します。

 

まずは井岡一翔さんの母親についてです。

井岡一翔さんの母親について情報を探りましたが、名前は美穂さんというそうです。

今年(2019年)で49歳になるといいます。

美穂さんは若いお母さんなんですね!

母親である美穂さんは、常に家族を支える縁の下の力持ちだそうです。

母親・美穂さんは井岡一翔さんにとってきっとすごく心の支えとなっているでしょう。

 

続いて、井岡一翔さんの父親についてです。

井岡一翔さんの父親は「井岡ジム」のプロモーター兼トレーナーだそうです。

井岡一翔さんのお父さん、すごいですね!さすがです!

名前は井岡一法(かずのり)さんといいます。

 

こうして井岡一翔さんのご両親の情報をみると、すごく井岡一翔さんの活動に対して理解して近くで支えてくれているんだなぁと思います。

それでは、ご両親以外の家族はどんな人々なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

井岡一翔の叔父は元世界チャンピオン!

さきほど、井岡一翔さんの父親・母親についてお話ししました。

とても心強いご両親でしたね!

 

そんな井岡一翔さんですが、最近は叔父の存在も注目を集めているのをご存知ですか?

実は、井岡一翔さんの叔父は、あの井岡弘樹さんなんです。

井岡弘樹さんといえば、「井岡」の名をボクシング界に轟かせたチャンピオンとして有名ですよね!

なんと1987年のWBCセカイミニマム級でチャンピオン!

更に元WBAライトフライと級でもチャンピオン!

まさかの2階級制覇です。

とても素晴らしい経歴の持ち主でした。

井岡一翔さんの叔父は元世界チャンピオンだったんですね。

 

父親である井岡一法さんは、若い頃チャンピオンであった赤井英和さんに憧れていましたが、当時ジムへ共に入門したのがまさしくこの叔父の井岡弘樹さんだったんです。

叔父さんもお父さんも、とても才能ある人であるということが分かりますね。

 

そういえば、さきほど井岡一翔さんには弟がいるという話をしましたね。

弟についても気になりませんか?

 

井岡一翔の兄弟!弟もボクシング選手?

井岡一翔さんの家族についての情報をご紹介しています。

ここでは、気になる井岡一翔さんの兄弟についてお届けします。

井岡一翔さんには弟が2人いると、先ほどの家族構成でお話ししましたがどういった性格の弟さんなのでしょうか?

弟もボクシングの道を歩んでいるの?とか、色々気になりますよね~。

 

そこで井岡一翔さんの兄弟についてリサーチすると…

なんと1人の弟さんはもう既に結婚してお子さんもいるそうです。

おめでたい話題ですね!

いいお父さんとして日々生活しているのでしょうか。

そして、もう一人の弟さんは現在独身ですがイケメンでモテモテだといいます。

画像は残念ながら公開されていませんでしたが、どれくらいイケメンなのか見てみたいですね。

2人の弟さんたちは、ボクシング選手ではなく兄・井岡一翔さんと違った道を歩んでいるようです。

兄弟それぞれ人生を謳歌しているんですね。

 

井岡一翔と父親との確執とは?

井岡一翔さんの家族の様々な情報をご紹介していますが、実は父親・井岡一法さんは井岡一翔さんと確執があったらしいです。

どういった確執なのでしょうか…?

 

実は井岡一翔さんとの確執の理由は「脱税疑惑」といわれています。

これについては後で詳しく話しますが、他にも実は井岡一法さんは顔も強面でちょっと怖い雰囲気があり実際に少年院で過ごしていたという過去をもっているという情報もゲットしました。

井岡一法さんが少年院にはいったときに弟の井岡弘樹さんんがチャンピオンになりますが、これがきっかけで井岡一法さんもボクシングを目指すことになります。

しかし、1戦のキャリアだけで引退。

残念ですね…

その後は弟・井岡弘樹さんのサポートへ回ったといいます。

 

こうして井岡一翔さんの父親・井岡一法さんの過去を振り返ると、井岡一翔さんとは確執がありながらもボクシング指導者としてとても優秀な人なんだろうなぁと思います。

確執はあれど、息子の井岡一翔さんや指導をうけた井岡弘樹さんにとっては大切な人なんだろうなと思います。

スポンサーリンク

井岡一翔の父親に脱税疑惑…

さきほど、ちょこっとお話ししましたが、実は井岡一翔さんの父親である井岡一法さんには

「脱税疑惑」があるといいます。

本当だとしたら、結構ショッキングな話題ですし井岡一翔さんと確執がうまれても仕方ないと思ってしまいますね。

 

実は井岡一法さんは「チケットの売り上げを過少申告した?」といったことで税務署から目をつけられていたそうです。

父親である井岡一法さんはかなり羽振りのいい生活をしていて、それがきっかけで世間の目が注がれました。

高級外車を3台も購入し、愛人にはマンションも購入…更に金箔の豪邸まで新築したというから驚きです。

すごい散財ぶりですね。

 

なんと井岡一法さんが会長をつとめるジムの整骨院では医療詐欺疑惑まで追求されています。

こうしたことが重なって、井岡一翔さんは父親・井岡一法さんとは絶縁状態になっていたそうです。

初耳ですが、悲しい話題ですね。

現在井岡一翔さんは父親から完全に離れているそうです。

 

井岡一翔はもう日本のリングに立てない?!

続いて、井岡一翔さん自身の話題です。

実は井岡一翔さんはもう日本のリングに立てない!なんて噂があるようですよ。

この噂について調べると、井岡一翔さんの左腕にはタトゥーがあったといいます。

実は日本ボクシングコミッションの定めるところによると、タトゥーの入った選手は日本のリングに立つことができないんだそうです。

また、イベントでもタトゥーが目立つ状態の井岡一翔さんは、予備検診のあとにJBCからジム会長と個人マネージャーに対して「計量には(タトゥーを)消してくるように」と通達があったといいます。

これは警告やペナルティではなく、JBCからの「親心」であるといわれているので、ぜひ井岡一翔さんには実際にタトゥーを消してほしいなと個人的にも思います・

 

井岡一翔の現在は海外路線?!

さて、タトゥーが問題視されている井岡一翔さんですが、最近は海外路線であるといわれています。

たしかに、日本のリングに立てないのであれば海外で活躍するしかないですね。

井岡一翔さんは海外での活躍を決心し、実際に日本人初の世界4階級制覇を達成しているんです!

2017年の大晦日に引退したものの、昨年9月には米国で再起。

そこからは世界ランカーに判定勝ちをしています。

その後敗北も経験しましたが、現在では国内ボクサー世界戦勝利数15で単独首位となっているんです。

 

井岡一翔さんは、賛否両論色々な意見をいわれていると思いますが、どうか自分の意思を貫いてほしいと思います。

 

井岡一翔プロフィール

井岡一翔さんのプロフィールです。

引用 https://www.asahi.com

名前:井岡一翔(いおか かずと)

生年月日:1989324

出身地:大阪府堺市

身長:165.6cm

階級:スーパーフライ級

 

井岡一翔と父親の確執は脱税が理由?現在タトゥーが原因で海外路線か?まとめ

今回は井岡一翔さんに関する話題でした。

いかがでしたか?

井岡一翔さんって、すごく素晴らしい経歴を持つ家族のもと育ったんですね~。

色々な意見があるかと思いますが、今後もどんどん活躍してほしいなと思います。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーリンク